たまねぎの憂鬱 ー聖地サンティアゴへの巡礼路2016ー

慶應卒なんちゃってエリートOLが仕事と恋愛をほったらかして800KMスペイン・サンティアゴ巡礼の旅!

Camino day 23

 Bercianos to El Burugos

 

 

 

 

 

f:id:tamanegiojyou:20160705032941j:image

 

 

 

 

 

 

全く歩きたくありません。

 

 

 

 

 

もう、疲れちゃったー、日本帰りたいー、そんな愚痴ばっかりが書かれている、カミーノ23日目の日記w

 

 

 

 

 

 

(オンタイムだと、今32日目。頑張れ自分、と思いながら乱雑な日記を読み返している。筆記体が雑すぎて自分でも解読に時間がかかるw)

 

 

 

 

 

 

少しだけ(7〜8km?)歩いて、この日も、ホテルに泊まりました。2日続けて、ホテル。

 

 

 

 

 

 

もう、耳に入るスペイン語に対するストレスと、アルベルゲの不潔さに耐えかねてきたのと、食べ物に飽きたのと、友達と呼べるレベルでもない友達との会話に疲れてきたからだ。

 

 

 

 

 

 

ホームシックとも違って、帰りたいだとか、寂しいとかいうよりも、今ある環境が【もう嫌】なのだ。

 

 

 

 

 

日本に帰りたいというよりも、はやくバルセロナに行きたい。はやくパリに行きたい。そんな感じ。

 

 

 

 

 

もうサンティアゴ巡礼やめたい。バスでサンティアゴまで行って、バルセロナのフライトまでポルトガルでのんびりしたいなぁ…

 

 

 

 

 

そんなことを考えていた。

 

 

 

 

 

巡礼無理でした、体力的にというより環境に耐えかねました〜たまねぎ脱落〜!ゆとり〜!ってFBに投稿してもそれはそれでまぁいいかな、なんて考えたり。

 

 

 

 

 

楽しいことも、たくさんあったし、感動する出来事もあったし、いい思い出だけを抱きしめて、やめちゃおうかな。

 

 

 

 

 

そんなことを考えていた。

 

 

 

 

 

やってらんないよ〜そんなことを思いながら、日本語をも解禁させ、1人ホテルの部屋でダラダラしながらYouTube銀魂を見て寝た。

 

 

 

 

 

 

次の日の朝、ゆっくり起きて、もうダルくて荷物も背負いたくないから、次の大きな街まで業者に郵送してもらって、

 

 

 

 

 

あーあ、歩きたくないなぁと思いながら宿をでた。

 

 

 

 

 

バックパックも持たず、身軽な格好で、朝から音楽をガンガンにかけて、てけてけと矢印を探していた。

 

 

 

 

 

 

そして、いるはずもない、彼女と道でばったり出会って、私の巡礼は劇的に変わることになる。

 

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ 

↑応援よろしくお願いします♫