たまねぎの憂鬱 ー聖地サンティアゴへの巡礼路2016ー

慶應卒なんちゃってエリートOLが仕事と恋愛をほったらかして800KMスペイン・サンティアゴ巡礼の旅!

Camino day 12

 Najera to Santo Domingo

 

 

 

たまにまとめて2、3日分更新しているので、あしからず( ^ω^ )

 

 

 

 

最新記事だけが新記事じゃなかったりしますゆえ。

 

 

 

 

 

f:id:tamanegiojyou:20160616012537j:image

 

 

 

 

 

近づいているけど、遠い…

 

 

 

 

 f:id:tamanegiojyou:20160617031516j:image

 

 

 

 

 

 

今日は途中1人で歩いていて暇だったので、

 

 

 

 

このサンティアゴ巡礼をどうプレゼンしたらビジネスになるか(日本で流行らせられるか)を考えてみた。

 

 

 

 

あーでもない、こーでもない

 

 

 

 

2時間くらい黙々と考えた結果、

 

 

 

 

日本ではどう頑張っても無理、流行らないという結論に至るwww

 

 

 

 

ぐはww

 

 

 

 

 f:id:tamanegiojyou:20160617031551j:image

 

 

 

 

 

今日も疲れたぁ…

 

 

 

 

 

みんなでパスタを作って、

 

 

 

 

パンとチーズとチョリソーとワインでいただきました。

 

 

 

 

毎日、とっても楽しいけど…

 

 

 

 

 

いつ終わっても悔いはないwww

 

 

  

 

朝起きる度に、「うわー今日仕事行きたくないわー」と同じように「まじで今日歩きたくないわー」と思いながら、着替えてます。

 

 

 

 

 

歩き始めて1時間くらいで、漸くエンジンがかかってくる。

 

 

 

 

 

私にとってまだこの巡礼は…自己満でしかないかな?

 

 

 

 

そうでなくなることを祈ってるけど。

 

 

 

 

 

それにしても、想像以上に仕事辞めて歩いてる同世代多すぎw信じられないwww

 

 

 

 

 

将来何したいかを考えるために30日以上も使うのですね…

 

 

 

 

 

2時間の瞑想を自宅で1週間やっても、たぶん同じ答え出せるのに…。

 

 

 

 

 

結局のところ出会いとかトレッキングや観光を楽しんでいるようにしか見えないけどなぁ。

 

 

 

 

 

人生なめてるなぁと思ってしまう。(あくまで私は。)

 

 

 

 

 

 

そんなに甘くないよ?

 

 

 

 

 

仕事を辞めて、宙ぶらりん(ニート?)でカミーノを歩くのはいいけど、

 

 

 

 

 

サンティアゴを目指して歩いてる間、聖地には日々もちろん近づいていても

 

 

 

 

 

自分の国で頑張って働いてる同世代にはとことん置いてかれていることに気付いているのかしら?

 

 

 

 

 

ま、いいけどね。これも日本では流行らないだろうなぁって理由の一つ。

 

 

 

 

 

別にすごいことでもないから、自己PRにもならないしね。世界一周の方がよっぽど気合い入ってる。

 

 

 

 

 

うーん。カミーノは、素敵なこともたっくさんあるけど、仕事やめて歩いてる若者に共感できることって少ないかな。

 

 

 

 

 

リタイアして歩いてる人たちや

 

 

 

 

 

長期休暇

 

 

 

 

 

転職の合間に歩いてる人とはなんか話してて楽しいけど、

 

 

 

 

仕事辞めて、次なにやろっかなーみたいな子たちは、選択肢ありきで迷っているケースはほとんどなくて、

 

 

 

 

 

わりとどうしようもない状態が多いのでw

 

 

 

 

 

なんか可哀想にみえてくるし

 

 

 

 

 

お気楽な彼らは、羨ましい反面、同世代であればある程、

 

 

 

 

 

ちょっと私はひいちゃうのでw

 

 

 

 

 

もっと身近なことから努力したら?とアドバイスをして、

 

 

 

 

 

スピードを上げて、距離を空けてしまうw

 

 

 

 

 

その子が悪くなくて、環境が可哀想な場合って(今のところ)ほぼいないから。

 

 

 

 

 

大体、本人に問題がある。

 

 

 

 

 

うーん、まぁこういう出会いもレアっちゃレアだから、いいけどね。

 

 

 

 

 

サンティアゴ巡礼…心からまだ人にオススメできる感じではない。

 

 

 

 

 

とっても毎日楽しいし、充実してます!!

 

 

 

 

でもね、なにかここは別世界なの。

 

 

 

 

 

現実味がない。

 

 

 

 

 

 

それは素晴らしいことだけど、ここに浸ったら、なんだかちょっと違う気がしてしまっている。

 

 

 

 

 

同じ目的地を皆で目指し、必要最低限の荷物だけを背負ってひたすら歩き続けるという、この一種モラトリアム空間は、異常なのだ。

 

 

 

 

 

この空間の中で出す答えやたとえば恋に、どれだけの現実味というか信ぴょう性があるのかな?

 

 

 

 

 

私は信じれない。

 

 

 

 

 

この巡礼で彼氏がどうでもよくなるくらい劇的な恋に落ちることもなければ、

 

 

 

 

 

人生で重要な選択をすることもないだろう。

 

 

 

 

 

ここは、私の生きる世界とは別の時空のように感じる。

 

 

 

 

 

国籍や飛び交う言語が違うからゆえの異空間ではない。

 

 

 

 

 

Get awayバケーションゆえのものでもない。

 

 

 

 

 

けれど、なんだか中毒性がある。

 

 

 

 

 

はまる人ははまってしまうんだろう。

 

 

 

 

 

でも、日本人には少し毒かなとも思う。

 

 

 

 

 

人生で何か変えることを求めて、この道を歩き、ここを軸にしてしまったら

 

 

 

 

社会では通用しないかもしれないなぁ。

 

 

 

 

 

こんな世界がある!と、世界の美しさに目を煌めかせるのと、

 

 

 

 

 

こんな世界がいい!と感じることはちがう。

 

 

 

 

ここには政治もマネー問題もなにもない。

 

 

 

 

格差さえも感じない。

 

 

 

 

それは素晴らしい。この道は、美しい。

 

 

 

 

 

でも、私がいずれ戻る世界の手本となるものではない。前提がちがうのだから。

 

 

 

 

 

だから、私は、この道を美しいと、楽しいと、日々過ごしながら

 

 

 

 

 

一種の歪みというか違和感に、怯えている。

 

 

 

 

 

ここは、本当にゲームの中みたいだ。

 

 

 

 

 

オランダのお金持ちと、日本のなんちゃってエリート女と、ルーマニアのプチ富豪と、ノルウェーのリタイアおばちゃん、アメリカのニート女子、イタリアの仕事無し金無し男性が、

 

 

 

 

 

横並びに笑って同じ道を歩き、

 

 

 

 

 

 

同じ宿に泊まって同じ部屋で眠り、

 

 

 

 

 

同じ食事を食べる。

 

 

 

 

 

ありえない現実がここにある。

 

 

 

 

 

美しい反面、わたしにはなんだか違和感がある。

 

 

 

 

 

とても現実味がないから、美しいのだ。

 

 

 

 

 

ま!わたしの勝手な見解だけどもっ!

 

 

 

 

f:id:tamanegiojyou:20160616035127j:image

 

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ 

↑応援よろしくお願いします♫